マンション管理支援業務

建物だけではなく、
 環境へのマネジメントという視点から

 建物の維持管理や管理会社への委託業務費用等は、区分所有者が毎月負担する「管理費」「修繕積立金」から運用されています。
 この「管理費」「修繕積立金」の額、運用の適正化を支援対応いたします。

計画修繕・長期修繕計画・修繕積立金からなる維持管理運営の基本手法は、最初に作ったままで自動的に働くものではありません。長い期間にわたりマンションを適正に維持管理していくためには、点検・検査・診断により、建物の経年による劣化状況等の不具合や問題点を明らかになければなりません。さらに具体的な修繕を実施するための中短期の修繕計画を作成しつつ、修繕実績に基づき長期修繕計画を適宜見直していく必要があります。また、これと連動して修繕積立金の額も見直していく必要があります。