マンション管理支援業務

建物だけではなく、
 環境へのマネジメントという視点から

 管理組合の業務は理事会が執行しますが、通常の業務の他に「大規模修繕業務」が加わると非常に大変です。大規模修繕業務は発意から工事完了まで2~3年かかることもあり、専門知識も必要になってきます。
  大規模修繕は、建物及び設備の維持保全、或いはグレードアップにより、安全で快適な住空間維持とともに資産価値を維持するためにも、欠かすことができない業務です。
 大規模修繕に関するあらゆるご相談、業務のご依頼について支援対応いたします。

建物調査・診断業務
建物の劣化状況の概要を知りたい時や、大規模修繕工事の事前調査として実施します。現地調査に基づく調査報告書の作成、解説をいたします。
建物・設備定期調査報告業務
建築基準法に定められている年1回の建物設備定期調査報告、3年に1回の建物定期調査報告に関する業務を行います。
修繕工事マネジメント業務
経験豊富な技術者が計画修繕工事や大規模修繕工事等の準備から竣工、さらに検査まで含めてマネジメント業務を行います。
長期修繕計画の作成業務
計画的な建物管理をするために必ず必要なものです。建物だけでなく設備も含めた計画として、新築マンションでは60年以上、既存マンションでは築60年以上の計画期間を目安として、修繕計画及び資金計画をたてます。
大規模修繕支援内容 フロー

 

・大規模修繕実施に向けた合意形成支援

・大規模修繕に向けた各区分所有者への
アンケート用紙配布・回収・集計

・共用部調査
・バルコニー調査
・建物設備調査

・建物診断に基づく工事範囲のご提案

・建物診断に基づく工事仕様のご提案

・工事範囲、仕様に基づく工事費用の
見積もりご提案

・工事業者の公募、選定支援

・大規模修繕工事の監理

・大規模修繕工事図書の作成

・工事完了に伴う引渡し支援

・工事完了後の定期点検